FX 証拠金取引と為替事業者

情報にはそれほど困らないと患います。米ドルを動かす要因には、米国の経済指標はもちろん、政策金利の問題があげられます。米国の政策金利は、米連邦準備理事会(FRB)というところが、米連邦市場公開委員会(FOMC)で、毎回決定します。
 
消費者のための機関である「国民生活センター」には、証拠金取引と為替事業者についての相談が数多く寄せられています。同センターによると、トラブルに関する相談件数は2001年度では41件でしたが、なんと3060件にはね上がっています。
 
前日の価格や、その前の日からのトレントなどをつかんで利益を狙います。4日足を利用、長期取引の場合(数週間~1年)数週間以上にわたって取引する場合は、目先の細かな値動きよりも長期間での傾向を見ることが重要。
 
取引の幅はグンと広がるだろう。個人投資家にはこちらの手法が多く使われるだろう。相場の展開が読めない時に、たとえば図のように「100円で買いの指値注文」を出し、それが約定されたら「99円で売り」の注文が発動され、損切りに備える。上昇トレントに乗っている際に使う手法。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です